「ちょっと今から仕事やめてくる」

にほんブログ村 介護ブログへ


会社を辞めたいと思ったことはありますか?
その時に何も躊躇せずに辞めることができましたか?
それとも踏みとどまり辞めたいと思っている会社で今も働き続けていますか?

ども、キャンぞうです。

会社つまり仕事を辞めたいと思ったことがある方なんて星の数ほどいてますよね。
辞めたいと思ったことがない人は最高の自分にマッチした仕事に巡り合えた方だなと感じます。
キャンぞうは辞めたいと思ったことはいっぱいありますよ。なんなら今すぐにも辞めたいですよ(笑)
ですが、私も含めみなさんもそうそう簡単には辞めれないですよね。
もちろん、生活を送るためにはお金が必要ですから。

さて、冒頭からなぜこんなお話をしたかというと5月27日にこの映画が公開されました。

「ちょっと今から仕事やめてくる」

出演:福士蒼汰 工藤阿須加
原作:北川恵海 「ちょっと今から仕事やめてくる」 (メディアワークス文書/KADOKAWA 刊)

オフィシャルサイトはこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
「ちょっと今から仕事やめてくる」

おもしろいタイトルですよね。
今日はなぜこの映画のことを紹介したかというと

去年にたまたまこの本を買ったんです。

なんか自分が持ってる小説が映画化されるなんて嬉しいじゃないですか。
その頃からこの本は人気がありました。なんといっても70万部突破のベストセラー小説ですから
ですが、当時の私はこの本の存在を知りませんでした。

購入した時の私は今と変わらずに仕事を辞めたいと思っていました。
というよりも転職をしたかったんです。
介護の仕事をしており、介護の仕事は嫌いではないんですが、今も将来的にも経済的に厳しいと思ったからなんです。
だって当時で約9年働いて手取りが18万!!ワシは今も新卒かっ!!って感じです。
すみません。話が逸れてしまいました。
その頃に本屋に入ったんです。私はただ相手に付いていっただけなんですが、その時にこの本に目が止まりました。
直感の印象が「おもしろそうだな」でした。
まさしく私が日頃抱いていた悩みでこのタイトルのことを実行したかったからです。
購入に悩んでいた私に相方は

「本は直感で買うもんやで。一期一会や。」

と名言を言ってくれました。そして、私は即購入しました。
本はこちらになります。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  




人生で数回しか購入したことがない小説を購入しました。
そして、読みました。
感想を書こう思うんですが、これから観られる方も居てますので下に書きたいと思います。
この映画は高校や大学を卒業して新社会人として働いている新卒のみなさんに観ていただきたいです。
特にその中でも仕事ができない自分を嫌いになっている子や精神面で苦痛を強いられている子、仕事を辞めたいけど疲れすぎてそこまで気力がない子に観てもらいたいです。

3つのブログランキングに参加しています。励みになるので、よろしければ3つにポチをお願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ

以下から感想に入りますので、ネタバレも含むのでこれから映画や本を観られる方は見ないでください。









おもしろかった。だが、私が想像していたのとは違った。
というよりも私と同じ転職希望の立場からの話かなと想像していたからです。
冒頭で主人公はいわいるブラック企業に就職し、精神的に追い詰められ、生きていることに疲れ、仕事を辞める選択ではなく自殺をするところで「ヤマモト」という青年に助けられます。
この「ヤマモト」が主人公の救世主となるわけなんです。また初めての近づき方がおもしろくて、たしか中学生の同級生の設定で物語が進んでいきます。(実際は同級生でもなく他人ですよ)
たしかに「ヤマモト」という名はどこにでもいてるから、そう言われたら同級生かなっと思ってしまう。
そこから主人公とヤマモトの付き合いが始まり、ヤマモトを通じて主人公が生き返ってくるところをみると、
やはり人は一人では生きていけないんだなと感じます。
というよりも人が人に影響を与えることで、方や死を与え、方や死という気持ちから脱出させ、90度違った気持ちを与える凄さと怖さがありますね。
次第に主人公もヤマモトの存在に疑問を持ち始めるんですよね。
そして、ヤマモトを調べたら・・・・・・・「数年前に自殺していたんです」
えーーーー!これってこんな心霊系なやつなの?!
って思いましたが、違いますよ。ちゃんと生きています。
ヤマモトにも忘れられない出来事と深い闇があるんですよ。その出来事がこの主人公ととても被っていて今回助けたということです。
そう思うと二人の出会いは偶然でなく運命だったんだなと思います。
全てを知った主人公はヤマモトに打ち明けます。その時には主人公は仕事を辞める覚悟、自分の人生や大切なことと向き合う覚悟ができ仕事を辞めに行きます。
そこでヤマモトは姿を消しますが、数年後再開します。
次は主人公がヤマモトを助けるために・・・・・・・・・・・・。

みなさんも是非読んでください。




3つのブログランキングに参加しています。励みになるので、よろしければ3つにポチをお願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ

スポンサーサイト

1 Comments

MIUMIU 美雨  

決断の日

そんなふうにかっこよくひけたら人生最高ですね
わたしがメインの仕事をやめるときは
本当に迷いに迷って、泣いて泣いて・・・
人間関係は複雑で、とんでもなく意地悪(邪悪、といってもいいかも)な先輩もいましたが、職種は好きだったので(海外にいけるし)迷いましたね
でも、最後は家族に「ちょっと仕事やめてくる」
みたいな、そんなはれがましい日になったような。

山本さんは、きゃんぞうさんのような先輩に恵まれて幸せですね。
ちょっとうらやましささえ覚えます。

2017/05/30 (Tue) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment