TOEIC Listening & Reading Test 受験してきたよ♪

こんばんは~キャンぞうです。今日は曇り空でしたが、雨はぎりぎり降らず桜を見に行かれた方が多かったのではないでしょうか??

私は現在、英語の学習中でございます。ご存知ではない方はこちらをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

英語を話したい・勉強したいとなったきっかけ★★

TOEICはご存知の方が多いと思います。世界約150ヵ国で行われている公式のテストで、英語にまつわるテストの中でもその知名度、信頼度、適正度は抜群と言えます。
受験資格もなく、誰でも受験することが可能で、実際に試験会場で見るだけでも年齢層は様々でした。
年齢制限、学歴制限などの受験資格はございませんが、受験料金は発生するので、もし、受験される際は必ず確認をしてください。
このTOEICはテストの種類があり、自分が学習している分野、またはこの分野での実力が知りたいなど個々の分野によって受験することができます。

Listening & Reading (聞く・読む)
Speaking & Writing (話す・書く)
Speaking (話す)
Writing (書く)←※このテストは団体受験のみ。個人だけでは受験できません


この4種類のテストがございます。これらのテスト以外で初・中級者向けのテストもございます。

TOEIC Bridge Test (トーイック ブリッジテスト)

これはテストの時間も問題数も上記の4つに比べて少なく設定されていて、リスニングテストの音声もゆっくりに設定されています。英語の学習を始めて間もない方やまずは学習していない自分がどれだけの実力があるのかを確認するのにおススメです。内容は「聞く・読む」のテスト内容でListening & Reading Test のソフトバージョンみたいな感じですね。
私も次はこちらを受験してみたいと思っています。まだ受験したことがないので、Bridgeではどれくらいのスコアか確かめてみたいですね。(これでスコアが低かったらへこむこも・・・(笑))
結果は後日30日以内にご自宅へ郵送されます。TOEICのサイトに登録すればネットでも結果が郵送よりも早く確認ができるので便利です。(無料ですよ♪)
郵送された結果通知はあなたの英語能力を証明するものになるので、勤めている会社や就職される会社などに英語の証明を聞かれたら提出や提示できますよ。もし、通知を紛失した場合は受験したテストの日から2年以内であらば再発行してくれます。
詳しくはTOEIC公式サイトをご覧ください。再発行料で500円必要となります。

さてさて今回の私のテストはと言うと・・・・・・期待できへんな~(つД`)ノまだまだ修行が足りませんわ。
TOEICに受験されたことがある人に聞きたいのですが、時間内にすべての問題を解くことができますか??私は4,5回受験していますが、全て時間内に解くことができず、時間が迫ってきたら最後のほうは色塗りをしています。(適当にマークシートにマークをつけることね♪)ちなみにTOEICのテストはマークシートでの回答になっているので、0点を取る確率はだいぶ低いですよ(笑)
やはり、時間内に終わらないってことはまだまだ勉強せねばなりませんな( ̄^ ̄)ゞ

では今日はこのへんで。 Goodnight!!


ブログランキングに参加しています。よければクリックをいただけたら幸いです。
↓↓↓↓↓


このブログはFC2ブログで作成しています。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment