好物を最後まで残すとダメ?!生活習慣に太る原因がある!ダイエットの前に太る原因を知ろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ


太る原因はなんなのか?それはただ単に「食べ過ぎじゃないの?」と一蹴されることがほとんどです。
こんばんは。最近、いや以前から太っているキャンぞうです。

GWも終盤。みなさんいかがお過ごしですか?
ここ数日ブログが更新できていませんでした。それには理由があるんです。

「太る原因とはなんぞや?」

このことを私なりにリサーチしていました。(疲れて寝ることが半分でしたが)

最近、いや以前からですが、更に増して太ってきたんですよ。
それでダイエットについて調べよう思ってたんですが、その前に太る原因を調べてみようと思いまして・・・・。
冒頭でも書きましたが、「食べ過ぎ」が原因の1つでもありますが、この他にも私を太らせている原因があると思うんです。
というよりも、そうであって欲しい(願望です)

そこで今回は生活習慣において、太る原因を紹介します。




○ 食べる量が多い

ここで関連するのがカロリーですね。カロリーには摂取カロリーと消費カロリーがあります。
単純にこの摂取カロリーが消費カロリーを上回ると余った分が体脂肪となり太ります。つまり消費しきれていないということです。
では摂取カロリーを少なくすれば良いと思うんですが、必ずしもそうとは言えません。
カロリーとはつまり体のエネルギーとなります。このエネルギーは消費カロリーにも必要で、カロリーを消費するためには運動や活動の他にもエネルギーが必要です。
極端な話ですが、摂取カロリーをすごく少なくすると消費するために必要なエネルギーや栄養が不足して、逆に消費カロリーまで少なる恐れがあります。
やはりバランスが大切ということです。「よく食べて、よく動く」の理由がわかったように思います。
人間の三大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質を中心にバランスよく摂る必要がありますね。

1日に必要な摂取カロリーですが、これは男女・運動量(活動量)・年齢によってバラバラです。
主に言われているのは平均1800~2200㎉です。
これを目安に摂取カロリーを調整していけばいいでしょう。

○ しっかり噛まずに早く食べてしまう

しっかり噛まずに早く食べてしまうと、満腹中枢が刺激されず量が十分でも満腹感を得られず食べ過ぎてしまいます。
血糖値は食べ始めて15~20分で上昇するので、それまでは満腹中枢を刺激できないんです。
満腹中枢が刺激されることにより満腹感が得られます。
この刺激は血糖値の上昇や十二指腸のホルモン分泌、食べ物による胃壁の拡張などがあげられます。
ちなみに血糖値が上がると満腹中枢から「満腹だ。食べるのをやめなさい」と脳から指令がでて、
血糖値が下がると摂取中枢から「空腹だ。何か食べないと」と指令がでます。

よく噛むことで太りにくい体質になり、体にとって様々な良い効果が生まれます。
まずは一口30回噛むことを心がけよう。

○ 好物を最後に食べる

これにはビックリしました。そんなの関係あるの?と思いました。
好物を最後まで残しておくと、それまでに満腹になっても好物なので多少無理して食べてしまう傾向があるそうです。
たしかにそうですよね。好物を残す人ってそうそういてませんし、最後に残っていたら我慢してでも食べてしまいます。
これがいけないんでしょうね。
ですが、好物を最初に食べてしまうのも「もっと食べたい」と勢いがつき早食いや食べる量が増えてしまう可能性があるそうです。
それだったら間をとって、中間に食べるといいのかな?
ちなみに私は好物を最後に食べてしまう人です。これからは中間に食べることにしよう(笑)

○ 食事のバランスが悪い

これは言わずとも知れたことですね。ファーストフードやコンビニの弁当を食べることが多かったり、間食や偏食も太る原因です。
あと丼ぶりものやパスタなど一品料理も自然に品数が少なくなってしまいバランスが悪いです。あと早食いの原因にも繋がります。

○ 食べる時間が遅い

夜遅い時間に食事をしてしまうと代謝が悪く太りやすくなります。
しかもBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質があり、脂肪を蓄積する働きがあります。
この活動時間が22時~夜中にかけて活発になるので、この時間帯での摂取はNGです。
できれば21時まで、最低でも22時までに食事は終えておきましょう。

○ 姿勢が悪い

姿勢が悪いと聞くと猫背が思いつきますね。
猫背だと背骨が曲がっている状態で本来の人間の姿ではありません。その影響により筋肉や血管に圧迫がかかり体に負担が多くなっていきます。
血管が圧迫されるということは血管の末端にまで栄養が届かないので代謝が悪くなります。

○ 水分が少ない

まず、体の水分が不足すると血液がドロドロになります。そうなると血流が悪くなり脂肪を燃やす酵素や栄養が行き届かないことが起きます。
そして、体内の老廃物や毒素を体外に出すには水分が必要です。水分が不足すると老廃物や毒素が排出されないんです。
老廃物が溜まるとどうなるか?
栄養素がスムーズに吸収できなくなり、脂肪燃焼にも影響があり、脂肪を溜めこんでしまう体質になってしまいます。
その為、水分をしっかり補給しないことは太る原因となるのです。
仮に水分が足りないと体は他のもので補おうとするので、その時にアイスクリームやジュースを飲んでしまうと必要以上に水分と一緒に糖分や塩分も吸収しようとします。注意して下さい。

○ 朝食を抜く

朝食を抜く人はけっこう多いのではないでしょうか。特に年齢が若い人ほど。私も20代の時はそうでした。
朝食を抜くということは、次の食事まで時間が長いということです。そうすると身体は飢餓状態になtってしまうんです。
飢餓状態になると体は生命の危機とちょっと大げさですが、勘違いして筋肉を分解してしまいます。
筋肉を分解すると代謝が下がり、消費カロリーを下げてしまいます。
先ほども紹介しましたが、消費カロリーが減ってしまうと脂肪が燃えにくい、脂肪が溜まりやすい体質になります。

人間の体には体内時計があります。その為朝になったら体に「朝ですよー」って教えてあげなければなりません。
教えるためには太陽を浴びて運動をしたり、朝食を食べることで体内時計がリセットされ、脳や体が目覚めていきます。
もし体内時計が乱れると脳がボーっとしたり、肥満や糖尿病など生活習慣病の発症のリスクが高まります。

ですが人によって朝食を抜いて痩せることができている人もいます。
その為個人差がでるので必ずしも正解ではありません。
ですが、やはり健康を考えると朝食を食べることは、体にとって良いことだと私は感じます。

○ 運動不足

これは当然ですよね。運動をして消費カロリーをアップしないと。
休日は家でゴロゴロしたり、テレビをずっと見たりしてはダメですね。

そう言いながら私も運動量はとても少ないです。
これからはジョキングやウォーキングを取り入れて行こうかな?


○ 入浴はシャワーが多い

シャワーではなく湯船に浸かると発汗と代謝アップの効果が生まれます。




ここからは精神面どちらかと言うと意識の問題ですね。

○ 普段から運動を意識する
 
 ・ エレベーターを使わず階段をする。
 ・ 電車では椅子に座らずに立っている。
 ・ 家でなく外に出かけるようにする。

○ 体重計に乗らない

体重計に乗らないと今の体重がわからず、ダイエットへの意識が薄れていきます。
普段から体重計に乗っていると、体重の変化がわかりダイエットへの意識も高まります。
ショックを受けて、やけ食いはダメですよ(笑)

○ 家族以外の人と会う機会が少ない

これはいつも家族としか会っていないと太ってきても「まあいいや」と太っていることに鈍感になってしまいます。
外に出て近所の人や友人と会うことにより、容姿を意識するようになります。
太っていると危機感を実感しダイエットを意識するようにしましょう。
これは女性の方なんですが、出かける時たとえ近くのコンビニでもお化粧をするように心がけてください。
これは認知症予防に繋がります。めんどくさいとは思いますが、この習慣を意識してみて下さい。

○ 感情で食事をする。コントロールが効かない
 
ストレスにより過剰摂取してしまうことです。
「食べることが唯一のストレス発散!!」「食べないとイライラする!!」
たしかにその通りです。
食べると幸せですし、嫌なことも忘れてしまいます。お腹が空くとたしかにイライラします。
ですがコントロールが効かないと食べ過ぎになり、太る原因となります。
別のストレス発散方法を見つけるのが良いですね。




ざっとこんな感じです。こう見ると何個か当てはまる原因が出てきました。
とりあえずはよく噛んで食べて、運動を取り入れていこう。
あと、好物は最後に残さないようにする!!!

ではこのへんで。おやすみなさい。

3つのブログランキングに参加しています。励みになるので、よろしければ3つにポチをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログはFC2ブログで作成しています。




FC2は動画も投稿できます。




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment