ショートステイを利用したのはいいが・・・飼い主とペットは一緒に居て欲しい

にほんブログ村 介護ブログへ


久しぶりに昨日はブログを更新しました。6月に入って初めての更新でした。
うん、サボり癖が発揮してきましたな(笑)
アカンアカン、気を引き締めていかねば。

というのも6月に入ってからは少し忙しくてなかなかブログを書けませんでした。

私の祖父なんですが、この6月から初めてショートステイを利用することになったんです。

「ショートステイ」

みなさんも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

別名 短期入所生活介護

介護保険のサービスの1つです。
簡単に言うと短期間のお泊りですね。
在宅で介護をしている時、急用で誰も親の介護ができない時によく使われるサービスです。
使用される用途は人様々ですが、一般的には上の理由であったり、介護をしている方の負担軽減のため、
入所する前に施設の生活になれてもらうため、などなど色々です。
要するに家で誰もおじいちゃんやおばあちゃんを見る人がいないから、その間だけ施設でお泊りしてきてねって感じです。
もちろんこのサービスを利用するには要介護認定を受けてからですよ。
介護度によっても利用できる日数が変動しますので。

私の祖父は愛媛で愛犬と一緒に暮らしています。
もう高齢で病気もあり、心配なため私の母が姉妹と交代しながら愛媛の実家に行っていました。
ですが、私の母は大阪在中、母のお姉さんも京都在中。

そうなんです、ものすごく遠いんです。
そして、1度行ったら1か月~1か月半ほど大阪に帰ってきません。そう何回も行っては帰ってを繰り返していては
交通費がとても膨大になってしまうからです。
それから介護者である母や叔母への負担が大きいので、ショートステイを利用することにしました。

祖父が家を空ける間、ワンちゃんを実家でみることになったので、
私が愛媛まで行き、母とワンちゃんを連れて帰ってきました。
愛媛と大阪の往復はなかなか堪えますね。しかもワンちゃんを乗せてのロングランは気を遣いました。

こんなことがあったので少し忙しかったキャンぞうでした。

ですが、ワンちゃんを実家でみることができて本当に良かったです。
賃貸ですが、大家がオッケーを出してくれて助かりました。
こういった問題は全国で多くあるでしょうね。
介護施設に入所したが、ペットをどうするか。
飼い主が先に亡くなってしまい、ペットを引き取ること身内がいない。

今はそういったペットを引き取ってくれる団体やペットも一緒に入所できる介護施設もありますが、
到底間に合っていません。金額の問題もあります。
なにより飼い主が亡くなってしまうことは人間であるので誰もが通る道ですが、
介護の為に飼い主とペットが別々に暮らすことがとても悲しいです。

ここの体制を整備しない限り問題は解決しませんよね。
誰もみることのできないペットがどうなるか、最悪のケースもあります。
それが今も現在進行形で起きていると考えるととても心が痛いです。
人間ばかりに目を向けず、ペットにももっともっと目を向ける社会になって欲しいです。

ではでは、このへんで。

3つのブログランキングに参加しています。励みになるので、よろしければ3つにポチをお願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment